使う上で知っておかなくてはいけない!機械式時計のメンテナンスの必要性

機械式時計にメンテナンスが必要な理由

時計は大きく分けてクオーツ式と機械式の2種類に分けられます。その中でも機械式時計は歴史も古く、職人の手作りによるこだわりが感じられる一品としてファッション性も高いことから、好んで愛用する人も数多くいます。機械式は電池などを一切使用せずにゼンマイの力だけで動くのが特徴で、種類によっては100以上ものパーツの組み合わせで作られているのです。こういった繊細な作りだからこそ定期的なメンテナンスが必要になります。

機械式時計に不具合が生じる時に考えられる原因

機械式時計は数多くのパーツの組み合わせによって動いていて、そのほとんどが歯車の噛み合わせによるものです。この歯車の動きをスムーズにするために使用されているオイルはある程度の期間と共に蒸発してしまいます。このオイルが蒸発している状態で使用を続けていると、歯車の噛み合わせが悪くなったり、動かなくなることもあるので注意が必要です。

そのほかにも、常に肌に触れているベルト部分などは皮膚から出る汗の塩分によって錆びてしまうこともあります。ベルトであれば交換は可能ですが、時計内部が錆びてしまうと修理や交換ができなくなってしまうケースもあるため、こちらも定期的なクリーニングは欠かせません。

メンテナンスを行う目安

機械式時計のメンテナンスは数年に一度のタイミングで行う人もいれば、調子が悪くなった時に行う人もいます。使用頻度や使い方によって消耗度は異なりますが、少なくとも5年に一度はメンテナンスに出すことが望ましいです。メンテナンスを怠って内部のパーツ交換が必要になってしまうと高い費用が掛かってしまうので、そうならないためにも定期的な手入れを心掛けることが大切になります。

ウブロは、世界最高峰の時計の一つと言われています。優れたデザイン性に時計としての性能などすべて一流です。