緑の壁が魅力的です!壁面緑化のおすすめ!!

壁面緑化の基礎知識!

壁面緑化は、別名「緑のカーテン」とも呼ばれています。壁一面を緑の植物が覆う姿は、まるで緑色のカーテンに包まれているように見えるからです。壁面緑化をすると、夏の暑い日差しに建物が直接さらされることがありません。植物の間を通ってくる風は涼やかで爽やかさを感じます。それらの効果によって部屋の中の冷房を使う期間を短くすることができたり、設定温度を低くすることができたりします。家計にも優しいですし、地球環境にも優しいのです。

壁面緑化に使われる植物

壁面緑化をするためには壁全体を上から下まで植物で覆うことが重要です。そのためにはツルを長く伸ばし、大きな葉をつけ、少ない数の植物でも多くの面を覆うことができる「ツル性」の植物を利用することがおすすめです。ツル性の植物にはアサガオ、ゴーヤー、きゅうり、トマトなどがあり、タネや苗はホームセンターや大型ショッピングセンターで簡単に手に入れることができます。また、育てやすい植物である、ということも重要なポイントです。

壁面緑化にはいろいろな効果も

壁面緑化をすると、プライバシーの保護に目役立ちます。大通りに面している家などでも、植物で覆われていれば窓を開けて窓際で子どもを安心して遊ばせることができます。また、ツル性の植物の多くは実をつけるので、それを使って料理をしたり、子どもに食育をすることもできます。自分で種から植物を育てることで苦手な食べ物も食べられるようになることもあります。さまざまな面で壁面緑化は良い効果を発揮するのです。

壁面緑化の場合、建物の温度上昇を抑えて冷房効率をアップできる他、豊富な緑によって癒し効果も期待できます。