ペット選びは時間をかけて慎重に選ぶべき?!

ペットの種類の豊富さ

私たちが想像する、ペットと言えば、犬や猫が代表的ですが、今は大変多くの種類のペットが存在してます。
ハムスターやうさぎなどの哺乳類系の小動物、カメやヘビの爬虫類やカエルなどの両生類、魚、鳥とどれを選べば良いのかわからなくなります。
選ぶ基準はなんでしょうか。人によって興味は千差万別です。

そもそもペットが必要な理由

そもそも私たちがペットが必要な理由は何でしょうか。
癒されたい、一人暮らしで寂しいからその動物が好きだからという理由が主だと思います。
中高年の独身男性の中には、妻の代わりになんて変わった理由もあります。
特に日本はストレス社会なので、家庭に癒しがあるとストレス解消になりますね。
日本人にとってペットはとても大切なものだと思います。

人がペットを選ぶ基準は意外な理由だった

「ペットは飼い主に似る」と昔からよく聞かれる言葉がありますが、実は飼い主自身がペットを選ぶときに「自分と似ている」を基準に選んでいるそうです。それを聞くとなるほどと思ってしまいます。「類は友を呼ぶ」と同じような感覚なのでしょうか。ほぼ人間は無意識にそう選んでいるらしいです。

ペットショップの重要さ

近所にペットショップがあると思いますが、ショップによって店員の知識の差が激しいです。
特に初めて飼うペットに関して質問を2、3してみてその店員が丁寧に詳しく説明してくれるかどうか判断基準になります。
私も経験ありますが、知識のない店員に接客されて、わざわざ家から遠い他のペットショップで選ぶことがありました。

ペット選びは直感を頼りに

ペット選びは慎重さも大切だとは思いますが、「直感」で選ぶことが私は大事だと思います。
要はその動物の第一印象が良いかどうか。
失敗しないためにも、あれこれ考えすぎず、自分の「直感」で選ぶことが大切です。

ペットショップなら神奈川県のお店を探すことで、希望に合った種類のペットを選ぶことができ、飼育の仕方に関する説明を受けることもできます。